さくらびアートプロジェクトを見て

こんばんは。ヨシカワです。
はじめて投稿します。
先日行なわれた”さくらびアートプロジェクト”を観に行ってきました。



中学生たちの表現したい思いをアーティストや美大生がそれを表現するために
サポートするという体制がおもしろかったです。



まず最初に会場に足を踏み入れて思ったのは、校舎全体を使って
中学生が思いっきりはじけてるなぁという印象でした。



中学生が人前で自分が考えたことを表現するというのは
なんだか恥ずかしいような、
照れくさいような気がすると思うのですが、(共同制作ならなおさら)
各教室からは一生懸命表現しようという思いが伝わってきました。
それぞれの表現を受入れてくれる環境がちゃんと
出来ているんだなと思いました。
来場していた保護者の方もうれしそうに観ていらっしゃるのが印象的でした。



中学生に作品について話かけると、私の予想以上に答えてくれて、
友達に何やら来場者との対話のやり取りを興奮しながら報告している子もいました。



中学生がたぶん普段話すことのないであろう人たちとの交流を楽しんでいる。
その姿がとても新鮮に見えました。



さくらびの前に行なわれていた”よしだアートプロジェクト”に参加していた
小学生たちもそうでした。来場した人と話したり、作品を通して遊んだりして
そのやり取りを楽しんでいました。



中平先生とデザイナーの方との作品の「投票美」の選挙ポスターに
”子供達がコミュニケーション能力が低いのではなく、
コミュニケーションしたくなる経験がないんです。”
(三澤先生のレポートに写真が掲載されていますが)とありました。



このポスターを見た時、すごくはっとさせられました。
私もコミュニケーション能力が低いとは思っていませんでしたが、
他人と交流するのがかったるいと、
積極的ではない中学生たちと出会うことが多く
なんでだろうとずっと疑問に思っていました。



”コミュニケーションしたくなる経験がない。”
そう書かれてあるのを見て、今までの疑問が解消されたような気がしました。



さくらびアートプロジェクトは少なくとも参加している中学生たちにとって
コミュニケーションしたくなる場なのかなと感じました。



プロジェクトの作品たちを通し、取り壊される校舎に対して、
現在の在学生の生徒たち、かつての生徒たちが自分たちが
過ごして来た校舎に対して改めて、
その関係性を見直しているような気がしました。



アート自体が、自分の周りいる他者や環境、モノ等とどう関係や距離を改めて
捉え直すか、築くかという視点としての行為という意味合いが
強くなってきたのかなと思いました。
# by tabimusa | 2009-09-04 01:33 | アートプロジェクト | Comments(0)

リンクのページ


美術と自然と教育と
北海道で教員をなさっている山崎正明先生のブログ
面白い授業、取り組みの様子が掲載されています。

豊かな美術教育を!
同じく山崎先生のサイト。授業実践など豊富な内容のHPです

五十路のチビジ
松永康さんのブログ。埼玉県立近代美術館の学芸員を経て現在フリーで活躍されている。

図工美術OKAYAMA
岡山の先生方が共同運営しているブログ

ながのアートプロジェクト
長野で行われているアートプロジェクトサイト

とがびアートプロジェクト
夏には、私を含め、ムサビ生が数人お世話になりました。

東大和第二中学校
ムサビる!や旅するムサビでお世話になっています。

田無第一中学校
旅するムサビでお世話になりました。

府中市立若松小学校
旅するムサビでお世話になりました。

羽村市立羽村第三中学校
旅するムサビでお世話になりました。

芸術文化学科米徳ゼミブログ
私も実技の選択授業でお世話になりました。お世辞ではなく、1、2を争うほど面白い授業でした。
一緒にこれから活動できるのが楽しみです!

武蔵野美術大学
私達の学校

高校の美術でできること
滋賀県立膳所高校の山崎先生の取り組み。異校種間交流等優れた実践。美術教育法Ⅲでも紹介しています。

美術の先生になろう
後輩思いの先生が立ち上げたブログ。ありがたい。
# by tabimusa | 2009-09-01 07:33 | リンク | Comments(0)

「さくらびアートプロジェクト」太郎の海ヒストリー

管理人なのにお久しぶりです!たかぬきです
申し訳ないです

8月29日長野県櫻ヶ岡中学校にて「さくらびアートプロジェクト」が開催されました。
私は”中学生と作家のコラボレーション企画”で作品を作ってきました!
本番1日の為に生徒と二ヶ月近くの間連絡をやり取りしたり、長野県の櫻ヶ岡中学校に伺い生徒と作品についてや、表したいことについて話し合いながら2教室を使って作品を作ってきました。
この記事では今では懐かしい気もする1回目からの製作過程の様子からお伝えしてゆきます!

第一回目手紙でのやりとり
a0121352_1624477.jpg

a0121352_1662872.jpg

a0121352_1631797.jpg
a0121352_1633259.jpg
a0121352_1634523.jpg


 私の返した手紙(一部)***************

中條さん、徳武さん、中澤さん、金箱さん、こんにちわ。高貫です。
お手紙読みました!なかなか苦戦しているようですね。皆で一個のものを作り上げるって難しいですよね。でもその分、きっと出来上がった時の感動もひとしおですね!

さてさて、頂いた質問です。
①「水に関連した作品として浦島太郎を考えているのですが、どう思いますか?」
②「牛乳瓶を考えているのですが不便が多い為、他に何かいい容器はないえですか?」
③「この様な企画を考えているのですが、物語とのつながりが上手くできません。」
④「どんな材料を使えば水が綺麗にみえますか?」
4点について、私の思いついたことや、知っている事を書いてみますね

①について
4人が浦島太郎と考えているなら問題ないと思います。でも確かに作品と企画趣旨(来た方にも校舎に感謝してもらうこと)の関連の形を考えなければいけませんね~。
でも!いくらでもあると思いますよ!これから一緒に考えていきましょう。一応他にも水の妖精などおとぎ話を調べてみました。参考までにしてくださいね

カエルのおきさき ※省略

②について

以前友達の展示でペットボトルで夜の町並みを表現してるのを見た事があります。色んな色水をライティングしてとてもキレイでした。
家に今絵の具が無いのですごく素材が足りなくてありものでなんとか少し再現してみました。
a0121352_16164912.jpg

こんな風にいっぱいのペットボトルを教室じゅうにならべても水っぽい感じがだせるかも!

***************************

第二回目のやりとりでは、初対面で4人の生徒達はあまり大学生と接した事が無いせいか、緊張していた様子でした。まるで物珍しい動物を見るような熱視線の中で話し合い。

a0121352_1642117.jpg


こんなときには・・・・・!!
a0121352_1724657.jpg


とりあえず恋バナを振ってみる。
すると・・・。
a0121352_1725471.jpg



そんな感じでだんだんと緊張もほぐれていき、制作が進むにつれ櫻ヶ岡中学校を度々訪れて、
a0121352_176476.jpg

(三回目の訪問時制作風景)
あっというまに本番になったような感覚でした。

a0121352_23473567.jpg

↑写真は終わった直後の写真。
 皆で浦島になった気分ポーズ!
(撮影 住中 浩史さん)
# by tabimusa | 2009-08-31 17:13 | Comments(0)

さくらびに行ってきました〈三澤レポート〉

 8月29日、長野アートプロジェクトの一つ、長野市立桜ヶ岡中学校で開催された「さくらびアートプロジェクト2009」に行ってきました.
今回の「さくらび」は建て替えのため壊される校舎を使ってダイナミックに展開されました。武蔵美の学生も出品したり、生徒のサポートにまわったりしながら、さくらびで活動させてもらっています。ある学生は「参加して本当に良かった」「美術教育のとらえ方も広がった」と言っていました。それはきっと、生徒と直に接する中で感じたことなのでしょう。

 同行した田尾先生の、「今まで中平先生の実践は情報として知っていたが、実際来てみたらその本質が理解できた。生徒の成長を促す環境作りだった」という言葉が、今回、レポートを書こうと思ったきっかけです。たぶん、多くの方々に、その事実が伝わっていないだろうと感じたのです。
 今回は、当日の様子を写真と生徒へのインタビューを交えレポートします。たぶん、伝えたい事実の10分の1も伝わらないと思いますが努力をしてみます。説明の足りない分を、参加した学生の書き込み、またこのサイトをご覧いただいた皆様からの書き込みで埋めていただけたら幸いです。また、上記の「さくらびあーとプロジェクト2009」をクリックして、本記事と合わせてご覧下さい。さくらび開催までの過程が詳細に載っています。

a0121352_0203326.jpg

入り口近くの階段。米山冬馬さん(武蔵美)の牛のペイントが我々を迎えてくれました。

More 続きを読む
# by tabimusa | 2009-08-31 02:12 | アートプロジェクト | Comments(0)

スケッチ大会2009

 思えば、旅するムサビなどの企画のスタートはこのスケッチ大会にあるのかもしれません。昨年度参加したメンバーに加え、今年は7つの大学の学生、2つの高校が参加したワークショップが開かれ、前半のスケッチタイムとあわせて大盛況でした。総勢300人を超える大会になりました。
大学:武蔵野美術大学、文教大学、信州大学、和光大学、清泉女学院短期大学、山梨大学、東京芸術大学。 高校:丸子修学館高校美術部、東御清翔高校美術部。

 
a0121352_1585574.jpg

前日遅くまで語り合っていたので、ね・む・い。
たとえ10分でも貴重な睡眠時間。でも仕事が始まったらきっちりやりますよ!


a0121352_159490.jpg

9時半から受付です。


a0121352_1592135.jpg

東御市の花岡市長の挨拶。「私は美術と音楽と、体育があったから学校に行く事ができた。子どもの成長には美術教育はとても大切だ」と参加者に向けてメッセージ。お忙しいにもかかわらず、午前中いっぱい大会の様子を見ていただきました。市長曰く、「これほど充実したスケッチ大会はないだろう。参加者とスタッフとほぼ同数だから恵まれている。」「学生さんに感謝」



a0121352_1594667.jpg
a0121352_1595951.jpg
a0121352_15101148.jpg
a0121352_15102379.jpg
a0121352_2342869.jpg

今年も、近くのスエトシ牧場から小動物たちがたくさん来ました。リクガメ、ミニブタの子ども、ニワトリ、ウサギ、ヒツジ、ネコ、ハムスター、・・・。



a0121352_15103341.jpg

スケッチ大会の目玉、作品講評会。講師の先生が子どもたちの作品の良いところを見つけ講評します。親御さん達も話を聞きながら、児童画についての理解を深めてきます。一人一人が講評されその場で賞状が手渡されます。写真はムサビのOBで、梅野絵画館サポートスタッフの重鎮。杉本さん。ボランティアで対話型の鑑賞のファシリテーターをしております。



a0121352_15113656.jpg

埼大附属山田一文先生の指導風景。学生は各講師について、指導の様子を目の前で学びます。さすがに山田さんうまい。学生もとても勉強になったと言っていました。



a0121352_15104868.jpg

川口市の佐々木先生。子どもがほめられて照れくさそう。
講師は10人、信大の橋本光明先生をはじめ、地元出身の画家や美術教育の一時代を担ってきたベテラン揃い。そして現役ばりばりの指導力ある先生ばかり。
映画「くらしを描く」に出演し、神川小学校に山本鼎の部屋を作った深町修司先生も。



a0121352_15124518.jpg

子どもたちは元気。裸足で駆け回っています。絵の具で汚れた足に水をかけ洗っています。




ワークショップ風景
a0121352_15131539.jpg
a0121352_15144692.jpg
a0121352_15155472.jpg
a0121352_15175471.jpg

ムサビのワークショップ「帽子を作ろう」
参加した小中学校の先生に以外と好評。授業でもやってみたいと評価してくれました。スケッチ大会が終わる頃には多くの人がマイ帽子をかぶっている状況。




a0121352_15132762.jpg

a0121352_1518375.jpg
a0121352_15185355.jpg
ムサビのスタッフによるワークショップ「ラップ・アート」ラップを透して見える風景とドローイングと合わせて風景を作っていきます。



a0121352_15134783.jpg

文教大の写真サークル「デジヴ」のコーナー。写真はデジヴOB浅見俊哉君の作品展示。



a0121352_1514020.jpg
a0121352_22562925.jpg

和光大学のワークショップ「森の迷路」昨年に比べさらにパワーアップ。遊びと造形を組み合わせたワークショップでした。



a0121352_15141325.jpg
a0121352_1518615.jpg

清泉女学院短期大学のコーナー。桜井先生率いる木工作のワークショップ。



a0121352_15161081.jpg

丸子修学館高校のスタッフが行った「コスゲ16」さんの「かき氷自転車」すばらしい天気に恵まれこの日いちばんの人気ワークショップでした。



a0121352_1516305.jpg
a0121352_2391763.jpg

丸子修学館美術部は全部で4つのワークショップを展開、これは草木染めで絵を描くコーナー(上)と「コロルのアトリエ」(下)
a0121352_15182894.jpg

そしておなじみマルビカフェ(下)
a0121352_23102731.jpg




a0121352_15165638.jpg
a0121352_15171254.jpg

腰にラップを巻いてそこに子どもがペイント。学生はあっという間に子どもと仲良しに。というか、子どもに遊んでもらっていました。


a0121352_23115241.jpg
a0121352_15172613.jpg
a0121352_15174096.jpg

中学生の作品は、生徒自らギャラリートークに挑戦。講師の皆さんもコメント。少し自信がついた中学生の姿がありました。


a0121352_1519285.jpg

a0121352_15192015.jpg
a0121352_15193346.jpg

浅間山の裾野には不思議な雲。西の空は夕焼け。充実した1日が終わりました。

スケッチ大会は毎年多くの出会いを与えてくれます。また来年、東御市梅野記念絵画館でお会いしましょう。

〈みさわ〉
# by tabimusa | 2009-08-27 16:42 | その他 | Comments(0)

「ムサビる!」第2日目 その1

曇天でも30℃を越えた二日目。

昨日の様子が、本日8日の読売新聞多摩版に「武蔵野美術大生 中学校を美術館に」という見出しで掲載されました。

会場では、「新聞をみて来ました!」との声を多数お聞きしました。
昨日に引き続き、各教室でのふらっとギャラリ—トーク、ワークショップなどが行われました。
a0121352_22234337.jpg

a0121352_22341152.jpg

a0121352_22342194.jpg


また、お昼頃からは、地元ケーブル局さんの取材もありました。
東大和第二中の未至磨先生、教職課程の三澤先生へのインタヴューのあと、校内各所の様子を撮影していただきました。
a0121352_2224146.jpg

a0121352_22242829.jpg

この様子は、立川市、昭島市、国立市、東大和市、武蔵村山市のデイリーニュース・マイテレビで、8月13日(木)18:00〜、19:45〜、20:45〜、21:45〜、23:45〜、の15分番組の中で取り上げられます。視聴可能な方は、ぜひご覧下さい。



そして、大きな事故や怪我もなく、午後4時をもって二日間だけの東大和スクールアートプロジェクトが終了しました。会期中、約1000名の来場者数がありました、お暑い中ありがとうございました。

あす、作品の搬出が行われます。
a0121352_2230242.jpg

a0121352_22302025.jpg

a0121352_22303885.jpg

a0121352_2231016.jpg




プレス担当:だいこく
# by tabimusa | 2009-08-09 22:38 | Comments(3)

「ムサビる!」第1日目 その2

日中の気温が30℃を越えた8月8日。
いよいよ旅するムサビ 東大和スクールアートプロジェクト「ムサビる!」がスタートしました。


第二中の生徒さんたちの他にも、いろいろな学校の小学生から中高生が見に来てくれました。
a0121352_08546.jpg

校内、5カ所でスタンプラリーを実施しています。
a0121352_081850.jpg

中学生によるギャラリ—トークもあります。
a0121352_0104163.jpg


16:30から行われた閉場後のスタッフミーティングのあとは、ワークショップごとの反省会。
a0121352_0105891.jpg



晴れてこの日を迎えるられたのには、様々な人たちのによるご支援、ご協力があったからです。会場である第二中のPTAの方々にも地域巡回などにご協力をいただいています。ご協力いただいたみなさん、ありがとうございます。


下の記事以外に、他にも盛りだくさんの展示とワークショップが待っています。
つづきは、このブログをご覧になられているみなさん自身が、来て、見て、体験して味わってください。

美術という表現方法が、ひとつの接着剤となり、こどもからおとなまで楽しめる「非日常」の空間になってしまった真夏の中学校で、「日常」をみつめてみませんか。

東大和二中までの地図は、こちらのGoogleMapで。



きょうは、「美育文化」さん、「学事出版」さん、「教育美術」さん、「読売新聞」さん、と4件の取材がありました。あす、読売新聞多摩版に紹介されますので、お楽しみに!



プレス担当:だいこく
# by tabimusa | 2009-08-09 00:22 | Comments(0)


武蔵野美術大学の教職課程学生や現役の先生、中学校、小学校を巻き込んで展開しているプロジェクト


by 旅するムサビプロジェクト

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

カテゴリ

全体
はじめましての方へ
旅ムサ'09
旅ムサ'10
旅ムサ2011
旅ムサ2012
旅ムサ2014
旅ムサ2013
旅ムサ2015
旅ムサ2016
旅ムサ2017
旅ムサ2018
ムサビる!10,summer
ムサビる!2011
ムサビる!Ⅱ2012
ムサビる!2013
ムサビる!2014
ムサビる!2015
ワークショップ
アートプロジェクト
黒板ジャック
長野スケッチ大会2011
長野スケッチ大会2012
長野スケッチ大会2013
長野スケッチ大会2014
長野スケッチ大会2016
長野スケッチ大会2017
美術教育フォーラム
教員採用試験
旅ムサステイ
展覧会
その他
リンク

以前の記事

2019年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
more...

フォロー中のブログ

美術と自然と教育と
街を美術館にしよう! ま...
A
KAPL―コシガヤアート...
ちょっと、お休みをしています。
図工美術OKAYAMA
むいむいまか
図工を知らない図工の先生
the fundamen...

リンク

最新のコメント

朝霞第5中学校です… ..
by ( ‘ᾥ’ ) at 19:05
ARDAの三ツ木先生から..
by 浅野良雄 at 12:05
雪深い柿木村へ本当によう..
by 柿木中 房野 at 19:34
未至磨先生ありがとうござ..
by tabimusa at 23:35
おはようございます。ピア..
by minami-saitama at 06:39

最新のトラックバック

venuspoor.com
from venuspoor.com
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
旅ムサステイ in 奄美..
from 武蔵野美術大学 旅するムサビ..
旅ムサステイ in 奄美..
from 武蔵野美術大学 旅するムサビ..

検索

タグ

(47)

ブログパーツ

最新の記事

黒板ジャックin入間市立高倉..
at 2018-11-21 11:13
旅ムサいin長野茅野市宮川小学校
at 2018-11-04 11:40
狛江市立第四中学校 教員研修..
at 2018-10-04 23:52
黒板ジャックin入間市立高倉..
at 2018-10-01 11:30
黒板ジャックin入間市立高倉..
at 2018-09-25 11:37

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

教育・学校
アート・デザイン

画像一覧