<   2018年 09月 ( 6 )   > この月の画像一覧

黒板ジャックin入間市立高倉小学校 -お披露目編-



ついに子供たちの反応を見られる。
どんな反応をするんだろう、自分の描いた絵で喜んでくれるのだろうか。

昨日の制作に力を注いだ分、緊張感とワクワクと眠気を同時にかかえながら、
午前7時30分、入間市駅に集合しました。

今回足の怪我で来られなかったリーダーさんと連絡を取っていたため、今日も教頭先生が駅まで迎えに来てくださいました。
お陰で学校につくと、児童はまだ登校していませんでした。

柱の影に隠れて 一番乗りの子どもを待っていると、別の学年の先生たちが数人、黒板ジャックを覗きにいらっしゃいました。

ひとクラスずつ扉を開けては
「すごいですね」
「飛び出してくるみたい」
など感想をいってくださったり、写真をとってくださったり。

子どもを喜ばせるのとはまた違うドキドキを感じました。


2-1の児童がひとり、登校してきました。
a0121352_21595048.jpg

教室の扉を開けて最初に飛び出した言葉は

「なんだこれーーーー!!」

後ろから階段を登ってきた児童たちに「見て」と急かします。

2年生の反応に制作者たちが満面の笑みを浮かべているところに、1年生もやってきました。

同様にドアを開け、自分の机に向かおうとしたところ黒板が目に入ったのでしょうか、入り口で固まってしまいました。
a0121352_22000058.jpg

全児童が登校し終えたところで先生がほかのクラスも見に行っていいよ、と促し、ツアーがはじまりました。
a0121352_22001110.jpg

自分のクラスに戻り、それぞれ担任の先生から旅ムサメンバーを紹介していただき、作品のコンセプトなどを説明したり児童の感想を聞いたりして、最後は子供たちにきれいに消してもらいました。
a0121352_18592061.jpg




そして今回は普通教室だけでなく、特別支援学級の黒板もジャックさせていただきました。
特別支援学級のクラスは2クラスあり、どちらも4、5人ずつと少人数のクラスでした。

人数は少なかったものの、驚くも言葉にできずモジモジしている子や、興奮して「これを描いたのは誰だー!」と何度も大きな声で繰り返す子もいたり、いろんな反応が見られました。

先生も児童と一緒に「これ誰描いたんだろうね」「こんなの描ける?」なんてやり取りをしながら鑑賞してくださいました。


朝礼で作品について話した後、ぜひみんなに消してほしいと言ったら、それまであまり声を出さなかった子も即答で「消したくない」と言ってくれました。
けれどお願いして、全員で消してくれることになったと思ったら、とても丁寧にメインを残したまま背景だけを先に消し始め、途中で「これと一緒に写真を撮りたい」と、子どもたちは黒板の前に並んで先生に撮っていただくことができました。
a0121352_19022755.jpg


いよいよメインを消し始めるときも少し躊躇ったものの、いざ消し始めたら後はもう進むのみと言わんばかりに勢いよく楽しそうに消してくれました。

全部消したあと、「戻っちゃった」と呟いた子がいたのが印象的でした。黒板の絵一つで非日常を感じ、一瞬で元に戻ってしまうという体験をしてもらえたと思うと、嬉しく思います。


お披露目を終えた後、4-1の児童たちを対象に、対話型鑑賞もさせていただきました。
a0121352_18585332.jpg


始めて経験するメンバーもいたので少し難しさはありましたが、
子供たちの観察力や発想に直に触れて、その偉大さを知ることができました。


撮影:武市華奈江・内田久美子
筆者:高橋冴・内田久美子

by tabimusa | 2018-09-25 11:37 | Comments(0)

黒板ジャックinさいたま市立本太中学校[7/31.8/26-8/28]

こんにちは (^ ^)

今回私たちは、北浦和駅から徒歩20分ほどの場所、本太中学校にお邪魔して、美術部1.2年生の皆さんと一緒に2学年全7クラスの黒板をジャックする!という活動をしました。


【7/31 打合せ】
黒板アートも旅ムサも始めて!という人がほとんどの中、中学生のお手本になれるのだろうかという不安やワクワクを抱えながら、本太中学校美術部の方々とご対面。

a0121352_22163757.jpg
 
ムサビ生×本太中美術部のコラボレーションは今年で2回目となります。中には去年も参加したという生徒さんも。

今回は、各クラスの担任の先生が事前にテーマを決めて下さいました。
1組「水辺」、2組「天体」、3組「ひまわり」、4組「お茶」、5組「サラダボウル」、6組「山」、7組「ビーチ」。
これらをもとに、美大生が担当教室につき、生徒さんと一緒に原画を制作していきました。

a0121352_22182883.jpg
協力しながら、より親しみやすいものに仕上がるようアイディアを出し合います。

a0121352_22200839.jpg
その後、"黒板にチョークで描く"という私たちにとっても不慣れなことをレクチャーしつつ、練習を重ねました。グラデーションやハッチングなどの技法は思い通りにいかない部分も多いです。

また、美術科の小西悟士先生は、武蔵野美術大学空間演出デザイン学科出身、私たちの先輩です。「美術部の生徒が美大生と一緒に描くことで刺激を受け、普段の作品作りや活動にも生かしてほしい」とお話されていました。


【8/26 制作初日】
9-17時という時間制限の中、いよいよ各担当教室に分かれての制作が始まります。
本番に取り掛かる前に、事前の打ち合わせで決めたことを生徒と確認してから、手探りの中、色をのせていきました。

a0121352_22222740.jpg
a0121352_22223135.jpg

完成図は考えていたものの、思っていたようにチョークが扱えなかったり、実際に使ってみないとわからないことが多く、驚きの連続。翌日への反省点がたくさん出ました。

a0121352_22223630.jpg


【8/27 制作2日目】
少し慣れてきたもののドキドキしながら学校へ向かいました。
以下、ムサビの参加メンバーに制作の様子を報告してもらいました。

1組「水辺」

a0121352_22245796.jpg
2日目は1日目に比べ、流れがわかったからか部員の子達の動きも良く、スムーズに制作する事ができました。取り組んでくれた子達が、こちらが指示する以上にこだわりを持って描き込んでくれたのを嬉しく思いました。(植木)

2組「天体、星空」

a0121352_22280988.jpg
タイトルは「惑星 Milky way」。初めは海岸沿いから見上げた天の川と灯台を描く予定でしたが、描き進めるうちに、生徒から「惑星を描きたい!」というアイディアが出て、だんだんと惑星が増えていきました。描いて消してを繰り返し、アイディアを盛り込みながら、様々な変化を遂げ…。最終的には、星きらめく壮大な宇宙が出来上がりました!(照屋)

3組「ひだまり、ひまわり、太陽」

a0121352_22422239.jpg
一緒に制作した3人のうち、7/31の打ち合わせの日に話を聞けたのが1人だけだったので不安でしたが、後の2人ともすぐに制作の糸を飲み込んでくれたので、スムーズにスタートする事ができました。黒板に取り掛かると最初はどこから描こうか迷っていましたが、私が少し指示をすると、気づけば夢中で作業をしていました。3人とも魅力的な色使いや質感を使いこなしていて、私の方が勉強になりました。とても刺激的な1日でした。(内田)


最後に完成した黒板の前で集合写真。

a0121352_22341021.jpg
ムサビの「ム」ポーズ。


【8/28 お披露目】
いつもと様子がガラッと変わった黒板を見て、本太中学校の生徒たちはどんな反応をするのだろう、喜んでくれるでしょうか。生徒たちが続々と登校してきて、一緒に描いた部員たちも少しそわそわしているように見えました。

a0121352_22320144.jpg
 
教室に着いた生徒の反応は様々で、無関心なのかな〜と思いきやチラチラと気にしていたり、他のクラスの黒板を見に廊下を行き来していたり、「ここがすごい!」などの感想を言い合ったりしていました。嬉しいですね。

さらに朝の会で黒板ジャックを紹介していただきました。先生からも質問を頂いたりと、この企画への先生方の関心も強く感じました。消す前に黒板を前に全員で写真撮影するクラスもあり、ありがたくもその中に混ざらせていただきました!

a0121352_22332658.jpg

お披露目を終えた黒板は、掃除の時間に生徒さんたちと一緒に消しましたが、いいのかな、と遠慮して控えめにしか消さない子もいれば、大胆に消してくれる子もいて、この時も反応は様々です。


a0121352_22363388.jpg
a0121352_22401455.jpg
a0121352_22364138.jpg
a0121352_22400626.jpg
a0121352_22371311.jpg
a0121352_22364978.jpg
a0121352_00001974.jpg


余談ですが、活動後に小西先生が美術室を案内して下さり、授業で行なっている缶バッチ作りの体験や、生徒さんのつくった作品を鑑賞させていただきました。それぞれの個性溢れる作品に、みんなで見入ってしまいました。

普段は美大生だけで制作する黒板ジャック。中学生と一緒に描く事で私たちにとっても貴重な経験となりました。やり取りの中で思いがけないアイディアに出会ったり、中学生の若い感性に触れたり…!その中で楽しんで参加してくれる子も多く、熱心に黒板に向かって描く姿がとても印象に残っています。


撮影者:小西先生・照屋美優・簱山空里・内田久美子
執筆者:内田久美子・照屋美優・簱山空里・植木有紗・蜂須瑚々

by tabimusa | 2018-09-06 07:55 | Comments(0)

【旅する美大生〜空き家ジャック〜in福島県柳津町 8月4日(土)〜21日(火)】


a0121352_13182661.jpg
こんにちは!ようやく暑くて長かった夏も終わりに差し掛かって来ましたね。
この夏、ある小さな町で旅ムサステイの企画が行われました。その様子をお伝えしたいと思います。

場所は、福島県の会津地方にある柳津町。皆さんもご存知「赤べこ」の発祥の地でもあります。この企画は、斎藤清美術館からの依頼で「柳津」をテーマに地域や観光客と関わりながら絵画の公開制作をしてもらいたいというものです。秋には完成した作品を商店街で活動報告も合わせて展示などを行う予定です。


さて今回集まった学生は9名。武蔵野美術大学と筑波大学の学生が参加してくれました。参加メンバーのうち三分の一は中国や台湾からの留学生です!

そもそも「柳津町(やないづまち)」ってどこにあるのかしら?
意外とアクセスの良いところにあります。新宿から高速バスで5時間で会津若松駅に到着。鉄道好きならば誰もが知っているであろう只見線に乗って、景色を楽しむこと1時間で、会津柳津駅に到着するのです。
今回はこの「柳津」にて、1グループ10日間の旅ムサステイが行われました。

a0121352_10232989.jpg
会津若松駅に到着した一行は、創業130年の食堂で会津名物「ソースカツ丼」でお腹を満たしました。
a0121352_10185908.jpg
こちら会津名物ソースカツ丼。会津の中でも種類があるらしく…
柳津で食べられるソースカツ丼には、さらに卵が敷いてあるそうです!

a0121352_11182535.jpg
今回の宿泊所は、斎藤清アトリエ館。10日間の共同生活が始まります。
斎藤清美術館の他企画で、筑波大学の学生が一時期25名での共同生活になるとか…!いろんな人と出会える活動になりそうですね!
a0121352_10184220.jpg
小さな町ですがスーパーやコインランドリー、ホームセンターも一箇所にまとまっており、生活はしやすそう。
この日は、東京からの移動で1日が終わってしまいました。


2日目は、朝4時から隣の町で開催される「会津美里町せと市」へ行ってみました。
a0121352_10234500.jpg
a0121352_10241457.jpg
会津美里町本郷は、「本郷焼き」で有名な町です。1年に1回が開催されている「せと市」。茨城県の笠間焼の工房さん、神奈川県の工房も参加されているとても大きな市なのです。


スケッチの様子。
「柳津」をテーマに作品制作を行います。
a0121352_10192135.jpg
a0121352_10252317.jpg

そびえる森。滝を見に来ました。
a0121352_10254903.jpg

柳津町久保田地区にある三十三観音でスケッチ。
マリア観音など変わった観音さまが見られる場所です。
a0121352_10262703.jpg
a0121352_12595488.jpg
それぞれに気に入った景色を探しています。
「どこでも絵になる!」筆が止まりません。
a0121352_10281987.jpg
「ヤッホー」
柳津町の西山にある久保田地区。可愛らしい形の棚田など、懐かしさを感じる景色に出会いました。
a0121352_10333643.jpg

スケッチでぶらぶらしていると偶然!只見線が通りかかりました。
朗々と流れる只見川、森の中や田畑の中を通っていくこの電車は絶景が見れることで有名です。
一日に数本しか走っていない電車を見られるなんてラッキー!
a0121352_10274948.jpg
a0121352_10225657.jpg
福島テレビ、新聞社が取材に来て下さいました。

今回は、柳津町内にある空き家をお借りして、公開制作を行うことになりました。
数日間描けてスケッチをしたものから、本画制作が始まります!
a0121352_10345999.jpg
日本画制作中。色とりどりの絵皿が素敵ですね!
a0121352_10351456.jpg
指を使って地道に写真を転写をしてジワリジワリと現れていくのが面白いです。
a0121352_10353107.jpg
久保田地区の廃校で見かけた巨大なシーラカンスを描いているとか。
またある日、空き家でドローイングをしていた彼女は「人生で一番調子がいい!」と何十枚も描いていました。
a0121352_10360154.jpg
室内ですでにギャラリーが出来上がっています。会津の桐下駄も可愛らしいです。
スケッチブックを一冊使い切ってしまったという彼女は、素敵な色鉛筆作家さん。
a0121352_10361603.jpg
こちらも日本画制作中。只見川の水面を描いているそうです!
a0121352_10434759.jpg
さらさらっと描いていくスケッチに、みんな見入ってしまいます。
a0121352_10370061.jpg
早くも仕上がって来たようです!
a0121352_10384729.jpg
木版画を制作中。絵になります。
a0121352_10364508.jpg
a0121352_10371550.jpg
疲れたら、柳津名物の「あわまんじゅう」を頬張り一息つきます。
平均して日に1個のあわまんじゅうを頂いていました。
「こっちに来てから太っちゃったかも?!」
a0121352_10300788.jpg
お寺の副住職さんから大きなスイカをいただきました!
「これはすごい!」「絵になる」みんな写真を撮るほど立派なスイカでした。
a0121352_10305876.jpg
スイカは皆で食べることができるから楽しいのですね。来てくれたお客さんと一緒に食べることで、交流が生まれました。
それでもまだまだなくなりません〜!

a0121352_10344500.jpg
筑波大学の留学生の彼女は、1日町中でスケッチをして回っていました!描きたいものに真剣に向かっている姿を見て、せっかく来たのだから私達もちゃんと見ようと思いました。共同生活の中で切磋琢磨しています。

a0121352_10335645.jpg
空き家を所有しているのご家族から、夕食にご招待いただきました!
a0121352_10341513.jpg
これまでのスケッチなど成果を見てもらっています。関心を持ってくださって、私達にもとても嬉しい出来事でした!
a0121352_10342988.jpg
柳津夏の一大イベント。「霊祭り流灯花火大会」
盆地にこだまする大きな花火を間近に見て、夏を存分に感じました!

a0121352_10431081.jpg
偶然、只見線に500回は乗っているという鉄道好きの方にお会いして、オススメの駅を教えていただきました。
「会津中川駅」へ。
a0121352_10374519.jpg
スケッチに出かけた学生がオススメの場所を教えてくれました。
美しい景色を求めてどこまでも自転車で出かけて行く学生もいます。
a0121352_10380103.jpg
柳津を一望できる「森林公園」。
木が生い茂っていましたが、盆地にある柳津を見ることができます。
a0121352_10394099.jpg
一ヶ月も雨が降らなかった柳津に恵の雨が。みんなで浴びました。

a0121352_10373183.jpg
最終日には地域の方から、夕食へのお誘いをいただきました。

a0121352_10381705.jpg
制作途中の作品を見てもらっています。あわまんじゅうのはせ川屋さんにはたくさんお世話になりました!
a0121352_10363062.jpg
「最近若い子がいっぱいいるけど、何してるの?」
「町の中でしゃがみこんで絵を描ている子がいたんだ」
「椅子貸そうかって言っても大丈夫ですって」
「会津の桐下駄買ったらしいね」
いろんなところで学生が活動している様子が耳に入って来ました。

a0121352_10440544.jpg
来てくれる方々とのひと時は、私たちにとって毎日の楽しみでした。
「今日はこの暖簾をくぐって、どんな人が来てくれるかしら」とワクワクしながら制作をしていました。
a0121352_10390455.jpg
最後には、学生から柳津町の教育長に活動報告を行いました。
a0121352_13051457.jpg
斎藤清美術館のこうした「開かれた」活動の積み重ねが地域の人からの理解を得るために大切なのではないでしょうか。
今回の活動で、この町では関心の薄れてしまった美術館が、新しい価値として生まれ変わる姿をいつも思い描くことができました。
ありがとうございました。
a0121352_10231467.jpg
参加した学生は大学を越えて「赤べこ家族」というチームができたそうです。
これからも活動が広がっていきますように。

完成した作品は、商店街で活動報告も合わせて展示などを行う予定です!
聞いたところ1人15点くらい出展を考えている学生もいるとか…見応えのある展示になりそうです!
美しき秋の柳津に、是非ぜひ遊びにいらしてくださいね。

最後まで読んでいただきありがとうございました。











by tabimusa | 2018-09-05 13:52 | 旅ムサステイ | Comments(0)

旅ムサステイin長崎 映像ワークショップ2018.8.21~24

長崎県大村市の里山村で映像ワークショップを行いました。
今回のワークショップは、里山村の自然豊かで広大な土地を利用し、
「ピクシレーション」と「ストップモーション」を作ろう、というものでした。

a0121352_08581887.jpg

ピクシレーション、ストップモーションとは、どちらも写真で簡単に作れるアニメーションのことです。
どちらも被写体を少しずつ動かし、動かすたびに写真を撮り、
写真を編集でつなげて動きのある映像にするという手法、
動画ではできない動きをつくることができるという特徴が共通しています。
ピクシレーションは人、ストップモーションは主に静物が被写体となります。

大村市のおひさま学童の小学校高学年の子供達7人が参加し、男女に分かれ、
男子チームはピクシレーション、
女子チームはストップモーションを
作ることになりました。

初日は公民館で各チームどんなものを作りたいかディスカッション、2日目から撮影が始まりました。

a0121352_00051176.jpg

男子チームの撮影の様子です。デジカメを三脚にしっかりと固定し、撮影していました。

a0121352_00052205.jpg

最初から「坂道で撮りたい!」と言っていた男子チーム。
里山村に慣れていて、どこに何があるか熟知していました。

a0121352_09484846.jpg


ピクシレーションの醍醐味は、人の面白い動きを表現できることにあると思うのですが、
実際に体を使っていろいろな動きを試す彼らは、とても楽しそうでした。

a0121352_09050332.jpg

女子チームの撮影の様子です。「ぬいぐるみが隠れんぼをする」という話のピクシレーションを撮っています。
ワークショップの2週間前に、「どんなものを撮りたいか考えておいてください」と言ったら、ワークショップ初日から自分たちのお気に入りのぬいぐるみを持ってきてくれていて、準備万端でした。

a0121352_09121924.jpg


ぬいぐるみをテープと近くに落ちていた棒切れで固定し、
少しずつ動かして撮影しています。

a0121352_09181100.jpg


ラストシーンはみんなでぬいぐるみを抱えて大団円。
暑い中、地道な作業、ということで少し大変でしたが、とても可愛い画が撮れました。

最終日は各チームで映像編集をしました。
音楽や音声、文字を入れたりなど本格的な編集をし、
みんなの工夫を凝らした作品がついに完成。

a0121352_09514177.jpg

最後に、公民館で上映会をしました。
壁画を描いていた低学年の子達や保護者の方もいます。
映像の各チームは、お互いの作品を見るのは初めてで、興味津々でした。


上映中に上がる「おお!」というどよめきや歓声、上映後の大きな拍手は、この3日間
一緒に里山村にいて、傍目で制作を見ていた仲間たちからの熱い応援を感じるものでした。
こうして、里山村での映像ワークショップは幕を閉じました。

子供達が自分でやりたいことを決め、率先して動いていく姿を見て、心強いなあと感心していました。
これから映像をDVDに保存して送る予定です。
いつか映像を見返して、小さい頃の自分に勇気付けられる、そんな日が来たら素敵だなと思います。


写真:仁井本、富永、廣瀬  文:廣瀬
by tabimusa | 2018-09-05 10:30 | 旅ムサステイ | Comments(0)

旅ムサin千葉県いすみ市(後半)



 三日目は共同制作で制作したランプを教室棟と体育館を結ぶ渡り廊下に
展示する作業を行いました!



 少し形が個性的なランプもありましたが、窓アートとランプにより
普段よく通る廊下の雰囲気が一気に明るくなりました!!!



a0121352_12322669.jpg
a0121352_12322754.jpg


a0121352_12322687.jpg

 四日目のお休みを挟んで行われた黒板アートでは、旅ムサメンバーも大原中学校の生徒も初めての体験だという人が多い中、とても魅力的な作品を描くことができました!!

a0121352_12322753.jpg

 また、朝日新聞社、千葉日報、毎日新聞社の方が制作風景を取材にきました!!

a0121352_12322913.jpg
a0121352_12322933.jpg

a0121352_12322842.jpg
a0121352_12461133.jpg
a0121352_12493004.jpg
 6日間という長い旅ムサだったにも関わらず、活動を終えるとあっという間の時間だったなと思いました。それはきっと、大原中学校の生徒さんをはじめ、いすみ市の方の優しさと自然豊かで美しい山や海の影響だと思っています。

a0121352_13012259.jpg


************************

この企画でリーダーになれたこと
沢山の方とお話ができたことは私の今後の活動に生きてくると感じました

************************




文:江田
写真:江田・藤田



by tabimusa | 2018-09-04 08:00 | Comments(0)

旅ムサステイin長崎 壁画ワークショップ2018.8.21~24

長崎大村市里山村の壁画ワークショップを行いました。

実施日の前日から準備は始まりました。里山村のワークショップに参加するメンバーと日中から寺子屋塾のワークショップを行っていたメンバーとが合流して、下準備に取り掛かりました。
ベニヤ板に大きな里山村を描く準備中。。。
a0121352_02135296.jpg
作業は楽しく、テキパキ進んでいきました。最初のベースになる里山村の風景はだいたいの全貌が見えてきたところで前日の準備は終えられました。
a0121352_08502812.jpg

壁画ワークショップは映像ワークショップと同時に里山村で行わせていただいたもので、まずはじめに大きなテーマとして”どんな里山村にしたいのか”を子供達に考えてもらうところから始まりました。
a0121352_00285289.jpg
まずは1班から3班に分かれ、話し合いながら何を描きたいのかを考えてもらいました。はじめは草花を自由に描いてみる、とのことでしたが、子供達が生き物も描きたい、増やしたいと進んで話しをしてくれたので、里山村に好きな生き物や草花を描いてみよう、とどんどん幅が広がっていきました。意見を逃さないよう学生がフォローしながら進んでいきました。

その後、里山村現地に行って、実際にやってみる工程に移りました。1日目はまだ全体の風景を浮かび上がらせる作業でした。ベースとなる里山村の自然を子供達にも手伝ってもらい、手のひら班と割り箸班に分かれて進んでいきました。
a0121352_01540303.jpg
a0121352_01542428.jpg
なんとか、明日に備えることができました。

2日目、待ちに待った思い思いの草花や生き物を描いてもらう工程に移りました。
お話ししながら進めていきます。
a0121352_00291072.jpg
休み時間中、子供たちと一緒に遊んだり、捕まったりしながら交流を深めていきました
a0121352_01292430.jpg

基本的にインクの混色などは学生が担当していましたが次々にこの色が欲しい、もう少しこんな色にしたい、など、たくさん相談しに来てくれました。

a0121352_01414592.jpg
それぞれが思い思いの里山村を考えて描いていきました。
a0121352_01415914.jpg
a0121352_01413258.jpg
子供達が描きたいと言っていた花や生き物が次々生まれていき、壁画がとても賑やかになっていきました。
3日目は2日目にやり残したこと、仕上げを行いました。
a0121352_09014326.jpg
完成しました‥‥
a0121352_02241471.jpg
里山村にまた来て壁画を見に来たいと言ってくれる子も中にはいて、みんなで作り上げた壁画ワークショップになりました。

最後は壁画をバックに取材されたりもしました。森の音楽堂に飾っていただけるとのことで、映画祭などが開かれた時にまた目にする機会があるように思いました。
a0121352_02281928.jpg

写真:仁井本、廣瀬  文責:武市



by tabimusa | 2018-09-02 09:30 | Comments(0)


武蔵野美術大学の教職課程学生や現役の先生、中学校、小学校を巻き込んで展開しているプロジェクト


by 旅するムサビプロジェクト

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

カテゴリ

全体
はじめましての方へ
旅ムサ'09
旅ムサ'10
旅ムサ2011
旅ムサ2012
旅ムサ2014
旅ムサ2013
旅ムサ2015
旅ムサ2016
旅ムサ2017
旅ムサ2018
ムサビる!10,summer
ムサビる!2011
ムサビる!Ⅱ2012
ムサビる!2013
ムサビる!2014
ムサビる!2015
ワークショップ
アートプロジェクト
黒板ジャック
長野スケッチ大会2011
長野スケッチ大会2012
長野スケッチ大会2013
長野スケッチ大会2014
長野スケッチ大会2016
長野スケッチ大会2017
美術教育フォーラム
教員採用試験
旅ムサステイ
展覧会
その他
リンク

以前の記事

2019年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
more...

フォロー中のブログ

美術と自然と教育と
街を美術館にしよう! ま...
A
KAPL―コシガヤアート...
ちょっと、お休みをしています。
図工美術OKAYAMA
むいむいまか
図工を知らない図工の先生
the fundamen...

リンク

最新のコメント

朝霞第5中学校です… ..
by ( ‘ᾥ’ ) at 19:05
ARDAの三ツ木先生から..
by 浅野良雄 at 12:05
雪深い柿木村へ本当によう..
by 柿木中 房野 at 19:34
未至磨先生ありがとうござ..
by tabimusa at 23:35
おはようございます。ピア..
by minami-saitama at 06:39

最新のトラックバック

旅ムサステイ in 奄美..
from 武蔵野美術大学 旅するムサビ..
旅ムサステイ in 奄美..
from 武蔵野美術大学 旅するムサビ..
旅ムサステイ in 奄美..
from 武蔵野美術大学 旅するムサビ..
旅ムサステイ in 奄美..
from 武蔵野美術大学 旅するムサビ..
旅ムサステイ in 奄美..
from 武蔵野美術大学 旅するムサビ..

検索

タグ

(47)

ブログパーツ

最新の記事

黒板ジャックin入間市立高倉..
at 2018-11-21 11:13
旅ムサいin長野茅野市宮川小学校
at 2018-11-04 11:40
狛江市立第四中学校 教員研修..
at 2018-10-04 23:52
黒板ジャックin入間市立高倉..
at 2018-10-01 11:30
黒板ジャックin入間市立高倉..
at 2018-09-25 11:37

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

教育・学校
アート・デザイン

画像一覧