美原中で鑑賞授業

所沢市立美原中学校の鑑賞授業を見てきました。美原中学校は学校をあげて「まなびあい」をテーマに授業研究している学校です。そのせいか、作品の見て考え、話し合う姿勢が見事でした。1作品を30分見て鑑賞を深めてく新たな鑑賞パターンが生まれました。
a0121352_14461.jpg
授業の導入は鈴木先生が。



活動は1クラス4グループに分け、ファシリテーターが対話を仕掛け、子どもの発言を引き出し、後半に作者が質問に応える流れです。

a0121352_151969.jpg

a0121352_162288.jpg

a0121352_154792.jpg

a0121352_1104598.jpg

映像作品の鑑賞では作者が実際に撮影で使った着ぐるみを着て登場するなど楽しい鑑賞が出来ました。



a0121352_184314.jpg

1時間ごとに反省点を出し合い、即、修正していきます。



a0121352_19349.jpg

a0121352_195634.jpg

公開制作している作品は、実際に描いている場所に作品を持っていき鑑賞をしていました。
a0121352_1214948.jpg

3階の廊下の奥で公開制作をしています。



ファシリテーターを通して「自分が制作に対して、もっと真剣に向かわないといけないことが実感できた」といい学生の言葉が印象に残っています。


美原中学校の校長先生は、「生徒に実物を見せられてこと、そして公開制作制作では学生の真剣な姿が見せられたこと、これはとても意味があること。学校もいかに地域の教育力を取り込んでいくかがこれから重要である。旅するムサビで、公開制作を受け入れてとても良かった」と話してくれました。(みさわ)

学生の感想(書き込んで下さい)

三澤先生ありがとうございます。古賀です。
授業をやって思ったことは、生徒に学ばせたいと思わないと生徒はわかってくれないなということです。今までにファシリテーションの練習とか実際に授業をやったりしてみましたが、その度毎に生徒たちをいかに深いところに引き込むかを考えて、具体的な対策も考えてきましたが、いざ生徒たちを前にすると生徒たちの見方の予想外なことにおろおろするばかりです。その状況こそが面白いんだよ、ということに気付かせたいのですが、作者の意図とかあるしそれでいいのか?と考えてしまって軌道修正とかはじめて生徒は引くばかりです。
なぜいろんな意見を楽しめないかというと、いろんな意見が面白いと心から思っていないからというのもあると思いますが、その作品に対する自分の興味が、他の人はどう思っているんだろうと思う気持ちが弱いからかなと思います。
実を言うと僕は今回作者側で、ファシリテーターではありません。今書いたのは傍目からの感想です。しかし一回だけやりたくなって、自分の絵をファシリテーションしてしまいました。その時とても楽しかったのですが、なぜなら自分の絵を他の人がどう見るのかすごく気になっていたからです。そのくらい、様々な作品に対して興味を持ち、生徒たちの気持ちも気になっていないと生徒たちの気持ちを引き出せないのかなと思います。
また、提案があります。今回の授業を校長先生に話した時、校長先生がポストイットを使うことを提案して下さいました。ポストイットに自分の意見を書いたり、みんなの意見を書いて貼り出すのに使えるそうです。生徒の中で自分の意見がまとまっていないと、意見を出すことができず、話し合いが深まらないから、まず文字にして自分の意見を持つのです。ポストイットのことを聞いたのが前日ということもあり、僕が実際に使ったのは慣れてきた最後の一時間だけです。書いて自分の気持ちを確かめるのに使いました。書き始めると一気に授業っぽくなって、生徒たちが進んで考え始めたのです。出てくる意見の量も質も大違いでした。ファシリテーターも生徒たちの思いが固まるのがわかるのでやりやすいです。
ポストイットの導入と同時に、鑑賞時間の延長も必要だと思います。今回の授業では一作品15分の予定でしたが、一時間目にアクシデントで25分間鑑賞してしまいました。しかし短いとようやく生徒が乗ってきたという時に終了になってしまうので、25分はちょうどよかったのです。ポストイットに書いて考える時間も重要なので、やはりこれくらいのほうがいいなと思います。次にやるときには試してみてください。


遅くなってすみません。油3年の渡邉光です。
私は人員不足ということで急遽美原中でファシリテーターをやらせていただきました。前回の小平二中で反省点を多く感じていたため、事前にメンバーが集まったりメールを送り合うなどして、ファシリテーションの練習をしたり、作品の理解を深めようと試みました。それが全体の意欲の向上に繋がったと思います。 
ファシリテーションの印象としては、小平二中が2年生だったのに対して1年生だったこともあってか、前回とは雰囲気が違うと感じました。小平二中の時は生徒たちが自分の興味を表に出すことを恥ずかしがっている、あるいは怖がっていて、シラケたようなムードになってしまう傾向が強かったと思います。しかし、今回は生徒が思ったことを言葉にすることにあまり抵抗がないように思いました。またファシリテーションの時間は25分もあると全員に話を聞く余裕が持てるので、いつもより落ち着いてできたと思います。
問題点として浮上したのは、ファシリテーターと作者の位置づけです。ファシリテーターはファシリテーターとしてのみ、そして作者は作者としてのみに専念するのがよいのではないかという指摘がありました。作者がファシリテーターのような対応をしてしまうと、本来のファシリテーターが進めようとしていた方向とは異なるやり方がでてきてしまい、話の指針にずれが生じてしまうとのこと。
私としては、作者がファシリテーション中に何もしないのではなく、冷静な目で周りを見て、あまり発言ができていない生徒や、生徒同士で話していたら、側に寄り添い話しかけるのがよいのではないかと思います。実際私も何度か試みましたが、みんなの前で言葉を発することに抵抗のある生徒も、近づいて話しかけると必ず答えてくれました。ただし、そこはファシリテーターではなくあくまで補助という形で、ファシリテーターのした質問を繰り返すなど、指針を変えないように気をつけなくてはならないと思います。
また授業の最後に設けた鑑賞の時間では私も作品を出していましたが、とても興味を持ってくれていた生徒が何人かいて、話を真剣に聞いてもらうことができたのがとてもよかったです。
by tabimusa | 2012-02-17 01:24 | 旅ムサ2012 | Comments(0)


武蔵野美術大学の教職課程学生や現役の先生、中学校、小学校を巻き込んで展開しているプロジェクト


by 旅するムサビプロジェクト

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
はじめましての方へ
旅ムサ'09
旅ムサ'10
旅ムサ2011
旅ムサ2012
旅ムサ2014
旅ムサ2013
旅ムサ2015
旅ムサ2016
旅ムサ2017
ムサビる!10,summer
ムサビる!2011
ムサビる!Ⅱ2012
ムサビる!2013
ムサビる!2014
ムサビる!2015
ワークショップ
アートプロジェクト
黒板ジャック
長野スケッチ大会2011
長野スケッチ大会2012
長野スケッチ大会2013
長野スケッチ大会2014
長野スケッチ大会2016
長野スケッチ大会2017
美術教育フォーラム
教員採用試験
旅ムサステイ
展覧会
その他
リンク
旅ムサ2018

以前の記事

2018年 06月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月

フォロー中のブログ

美術と自然と教育と
街を美術館にしよう! ま...
Shunya.Asami...
KAPL―コシガヤアート...
ちょっと、お休みをしています。
図工美術OKAYAMA
むいむいまか
図工を知らない図工の先生
the fundamen...

リンク

最新のコメント

朝霞第5中学校です… ..
by ( ‘ᾥ’ ) at 19:05
ARDAの三ツ木先生から..
by 浅野良雄 at 12:05
雪深い柿木村へ本当によう..
by 柿木中 房野 at 19:34
未至磨先生ありがとうござ..
by tabimusa at 23:35
おはようございます。ピア..
by minami-saitama at 06:39
黒板ジャック、かっこいい..
by 浅倉浩 at 21:11
大学の広報入試センターに..
by tabimusa at 09:26
鈴木さん、ジャックに来て..
by 勝股 操 at 19:26
こちらに問い合わせてみて..
by tabimusa at 01:47
みどりいぬ様 ありがとう..
by tabimusa at 00:57

最新のトラックバック

venuspoor.com
from venuspoor.com
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
旅ムサステイ in 奄美..
from 武蔵野美術大学 旅するムサビ..
旅ムサステイ in 奄美..
from 武蔵野美術大学 旅するムサビ..
旅ムサステイ in 奄美..
from 武蔵野美術大学 旅するムサビ..
旅ムサステイ in 奄美..
from 武蔵野美術大学 旅するムサビ..
旅ムサステイ in 奄美..
from 武蔵野美術大学 旅するムサビ..
旅ムサステイ in
from 武蔵野美術大学 旅するムサビ..
苫小牧市に美術館!子ども..
from 美術と自然と教育と

検索

タグ

(47)

ブログパーツ

最新の記事

H30.5/29(火)黒板ジ..
at 2018-06-08 20:42
H30.5/27(日)黒板ジ..
at 2018-06-04 23:56
2018年度 旅ムサ【埼玉ル..
at 2018-03-31 23:21
3/18-19 小平第七小学..
at 2018-03-22 14:04
3月11日 12日埼玉県 さ..
at 2018-03-16 20:15

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

教育・学校
アート・デザイン

画像一覧