「ほっ」と。キャンペーン

<   2015年 07月 ( 4 )   > この月の画像一覧

7/14 奄美市立小湊小学校 黒板ジャック!

黒板ジャックの当日を迎えました、児童が登校する前に小学校で待ち伏せです。

a0121352_0525327.jpg


早い子は7時半には登校してきました。
a0121352_0343645.jpg


1,2年生の教室
a0121352_0352853.jpg



3,4年生の教室
a0121352_0361528.jpg



5,6年生の教室
a0121352_0365730.jpg



5,6年生の黒版には、教室にあるものがいくつか隠されて描かれています。それをさがしてしています。
a0121352_0371936.jpg



子どもたちは互いに話しながら作品を見ています。自然に鑑賞会がスタートしていきました。
a0121352_0374173.jpg

a0121352_0383556.jpg



朝の会が始まりました。1,2年生教室。低学年は5人です。
a0121352_039276.jpg


5,6年生の高学年教室は2人です。健康観察や、今日の目標の発表など、大規模校と同じような朝の会が進んで行きます。
a0121352_0395768.jpg



地域の方々も黒版を見に来ました。
a0121352_0403276.jpg

a0121352_0405240.jpg

a0121352_0411310.jpg

a0121352_0414312.jpg

a0121352_0431193.jpg



朝の会で、学生が子どもたちに作品の説明や大学での勉強の話しをしていました。
a0121352_0433724.jpg



1,2年生の教室では、作品鑑賞を進めていったら、「ここがまだ十分でない」と子どもたちに指摘され、描き足してもらっています。子どもたちは鋭いです。

a0121352_0474184.jpg


学生の描いた作品に手を入れるのは、子どもたちにとっても緊張する瞬間です。真剣さが伝わってきました。
最初のチョークを入れるまでとても時間がかかりました。その考えている間、どこをどうしたらよくなるのか、絵を真剣に見て考えていたのでしょうね。とても密度の濃い時間のような気がしました。
a0121352_0484212.jpg


そして時間になり、黒版の絵が消されていきました。
a0121352_049987.jpg

a0121352_0492485.jpg


全校児童とと記念写真
a0121352_0493989.jpg


1,2年生の1時間目は体育でした。学生と鬼ごっこが始まりました。
a0121352_0495614.jpg



旅ムサ初の複式学級。たった9人の全校児童でしたが、子どもの反応は大規模校と変わりません。
最初に教室に入ってきた子どもは、黒版の絵に驚きながら、一人だとその状況にどう対処してよいのか分からず、至って平静を装い、カバンを開け提出物を出したり、着替えたり、日々行っている行動をとるのです。それもなるべく黒版を見ないようにして。
ところがもう一人友だちが入ってくると、それまでの態度が一変して、それまで心にためておいた疑問や感動、言葉を、堰を切ったようにその子に投げつけるのです。
少し落ち着くと、今度は絵の読み解きや批評が始まります。自然と、友だちと会話をしながら、絵に込められたメッセージを発見したり、描き方に興味を持ってみたり、絵そのものの鑑賞が始まったり。

授業では、意図的、計画的に鑑賞の活動を展開していきますが、ここでは子どもたち自ら主体的に鑑賞活動が始まります。子どもたちが構えて望む授業との大きな違いは、やはり黒版を見たときの初見の驚きなんでしょう。
登校したら突然あった黒版の絵、無防備な子どもたちにとって、話さなくてはいけないのでは無く、話したくてたまらない状況がそこに生まれるのです。
造形活動は(鑑賞も含む)このように人の内側からわき起こる表したい衝動が起点となって生まれていくのだとあらためて感じました。児童数が少なく、一人一人の様子が手に取るように分かる学校だからこそ、その様子がはっきりと感じた黒板ジャックでした。

そしてもう1点、強く感じたことがありました。
それは、日本という国の教育力です。今回は奄美大島のとっても小さな小学校にお邪魔をしましたが、都会と変わらない教育がされています。あたりまえと言えばあたりまえですが、学習指導要領というスタンダードで津々浦々の教育が保障されているということです。
一方、その教育は、身につける知識や技能など明快な正解不正解の答えがある教科に対しては、十分その指導要領は客観的なスタンダードとなり得るけれども、図画工作・美術のような、一つの客観的な型が存在せず、育てる能力が個人の多様な表現を介して現れる教科に関しては、教師の造形的なリテラシーが何より重要であるということを改めて感じました。即ち、図工美術は教師の力に大きく左右されるということです。その能力とは、子ども一人一人をしっかり見ようとする教師の姿勢や環境によって、教師自身が学び、身につけていくのでしょうね。
丁寧に子どもと関わっていくことが、多忙化している教師が多い日本の教育の課題なのでしょう。

                                 (みさわ)
by tabimusa | 2015-07-19 00:51 | 旅ムサ2015 | Comments(1)

7/13黒板ジャック小湊小学校 描く!

午前中、学生は奄美看護福祉専門学校の調理師養成科皆さんと鶏飯づくり。私は名瀬市内を散策してきました。
おがみ山から市内を望む
a0121352_0183096.jpg



奄美看護福祉専門学校の調理師養成科皆さんと交流会
a0121352_2357579.jpg



午後1時すぎに看護学校で学生と合流し、交流会の後、16時過ぎにその真横にある小湊小学校の児童が完全下校したのを確認し黒板ジャックに乗り込みました。。
小湊中学校は全校児童9名の小さな学校です。複式学級なので、黒板ジャックは3枚だけ。旅ムサ初の複式学級。

校庭にはガジュマルの木。子どもたちの遊び場になっているのでしょう。
a0121352_0151156.jpg



小学校の小ささに驚きました。この古い校舎は今年まで。来年は新校舎が出来るそうです。
a0121352_23594327.jpg

a0121352_011725.jpg

a0121352_025140.jpg

a0121352_023036.jpg



さあ、時間が無いので早速描き始め。

a0121352_02124.jpg


校長先生が興味津々のぞいています。

a0121352_033188.jpg


5,6年生の教室です。
a0121352_034886.jpg


3,4年生の教室です。
a0121352_044544.jpg


1,2年生の教室です。
a0121352_05132.jpg


日もどっぷり暮れて教室の電気だけが明るく漏れています。
a0121352_061814.jpg


制作時間は5時間。疲れ果てています。
a0121352_08638.jpg


明日は、この作品を子どもたちと地域の方々がに公開します。

                    (みさわ)
by tabimusa | 2015-07-19 00:23 | 旅ムサ2015 | Comments(0)

7/12 田中一村美術館でワークショップ

田中一村の絵と言えば、アダンの実を思い浮かべる人も多いと思います。
田中一村美術館には、一村が描いた植物が館の回りに植えられています。

今日は、美術館でワークショップです。ビフォー・アフターというコンセプトで、武蔵美の学生が感じた奄美のイメージと、ワークショップ参加者がキャンバスに絵の具で絵を描いていきます。出来上がった作品は展覧会場に展示され、会期中に訪れた来館者に加筆されていきます。

a0121352_953732.jpg


a0121352_9522829.jpg


ビフォー・アフター展の様子。
a0121352_1284382.jpg

a0121352_1262753.jpg

a0121352_128342.jpg



ワークショップは展示会場裏のバックヤードで行いました。

a0121352_954329.jpg


a0121352_9544046.jpg


白いキャンバスにはマスキングテープが貼られています。学生の宿泊所となった奄美看護学校の寮で昨晩仕込んでおきました。
2つのキャンバスに、それぞれ直線と曲線で構成された図柄がマスキングされています。

参加者が描く前に、学生が作品のイメージに基づき絵の具をのせました。この上に参加者に絵を描いてもらいます。
a0121352_9551518.jpg


ワークショップに参加してくれた方々は、お子どもからお年寄りまで約20人。皆さん思い思いの絵を描き込んでいました。

a0121352_9555075.jpg

a0121352_957593.jpg
a0121352_9564778.jpg

a0121352_9574668.jpg
a0121352_9595975.jpg
a0121352_9572737.jpg
a0121352_9562513.jpg


だいぶ描画が出来上がってきたところで鑑賞タイム。
キャンバスを遠くから見て、みんなで意見を言っていきます。

a0121352_9591562.jpg



ここでは旅ムサでいつも行っている対話による鑑賞で、参加者に意見をもらいながら、描き加えたり修正したりする部分を探して行きます。
a0121352_1001921.jpg



ほぼ完成ということで、あらかじめ貼っておいたマスキングテープをはがします。
a0121352_101261.jpg



a0121352_102691.jpg



a0121352_10125450.jpg



a0121352_10104934.jpg





マスキングテープをはがし終わったところで、みんなで鑑賞会をしました。
a0121352_10121663.jpg


a0121352_1093939.jpg


ガジュマルのイメージをもとに、直線で構成された作品と曲線で構成された作品と、2つの作品ができました。
a0121352_1010105.jpg



a0121352_10163757.jpg


汚れを残さず原状復帰!
a0121352_1017264.jpg


最後に学芸員の花山さんが、ワークショップの様子をスライドショウで流してくれて、みんなで振り返帰ることが出来ました。
a0121352_12232976.jpg

                          (みさわ)

奄美に訪れ、最初の活動が終わりました。前日は、夜な夜なキャンパスにマスキングテープを張っては剥がし、イメージを膨らませ、皆で制作しました。そして、完成系が想像出来ない不安、期待を持ちながら当日を迎えました。

当日は、子供からお年寄りまで幅広い参加者と共に、キャンパスに思い思いの絵を描きました。大きなキャンパスに大胆に筆を動かすお爺さん、真っ赤な絵具に拘り手足で描く子供、奄美の植物、生物などを描く親子など、個性豊かな表現が見受けられました。

テープを剥がす時は、みんなで自然と掛け声がかかり、「せーの、ワァーーーー」と、浮かび上がってくる絵に興奮を隠せませんでした。みんなで作り上げようとする想いが自然と重なる瞬間で、ワークショップの面白さ、楽しさを実感しました。

また、キャンパス全面に描いた時と、テープを剥がした後にそれぞれ鑑賞を行いました。全く異なる絵画が生まれ、鑑賞を繰り返す事で意見も変わり、創造力を掻き立てられます。
個人の作品による対話型鑑賞とは違い、みんなで描いた作品の鑑賞は、様々な見方や意見が生まれ、より伝えようとする気持ちや、相手の考えを読み取ろうとする姿勢、想いが生まれると感じました。

作品も描いて完成ではなく、鑑賞をして、自分の言葉で表現し伝える事で、作品をより深く見つめる事が出来ると思いました。自分の言葉で伝え、相手の考えを聞くことで、作品の内に入ることが出来、作品と深く関わっていけると感じました。そして、作品だけではなく、一緒に作り上げた人達と関わり交流する事で、また新たな発見、試み、繋がりが生まれていくと感じた活動でした。



最後にですが、出来上がった直線の作品は田中一村記念美術館に展示され、訪れた来館者に思い思いの絵や色を描き加えてもらうことになっています。加筆によって、どんな絵に変化していくのかとても楽しみです。

また、もう一つの曲線の絵は、ムサびる!の企画として、8月8.9日に東京都の東大和市立第二中学校で展示されます。普段の学校の教室が奄美をイメージした空間に変わります。
奄美に訪れた学生によるAFTERの作品も展示されますので、是非いらしてください。
(木村真光)


by tabimusa | 2015-07-13 10:17 | 旅ムサ2015 | Comments(0)

 7/11日 アマミーナ!旅ムサ奄美に行く。<その1>

カリフォルニア州立大学チーコ校の先生であり、NPOアマミーナの理事である、奄美大島出身の徳雅美先生のお招きで旅するムサビが奄美に初上陸。

台風9号の強風の中、奄美空港に旅ムサメンバー15名が着きました! 飛行機が飛ぶか飛ばないか危ぶまれましたが、日頃の行いがよいので?飛行機が欠航にならず到着できました。別便で送った画材は届いていない・・・
そのようなこともあるだろうと、トランクありったけの画材を詰め込んでやってきました。

早速徳先生のマシンガントークの洗礼を受けました。
a0121352_2332164.jpg


今回の奄美の旅ムサは、日米交流アート展in奄美という企画で、カリフォルニア州立大学チーコ校の学生や卒業生の作品と,ムサビの学生の作品を展示すると共に,明日からムサビ生によるワークショップと黒板ジャックが奄美で展開していきます。
ビフォー・アフターとは。奄美に来た学生がどのように奄美に感化され変化していくかという、そこを見せていきたいという企画です。なので、ワークショップで出来上がった作品も、来館者によって作品が描き加えられ変化していく予定です。
a0121352_2344125.jpg


空港から田中一村美術館までバスで移動。
a0121352_2345688.jpg


田中一村美術館では,先に送った私たちの作品と,カリフォルニア州立大チーコ校の学生作品が展示されていました。

a0121352_23464052.jpg

a0121352_2347624.jpg



田中一村美術館には素敵な椅子が。この後学芸員の花山さんに美術館を案内してもらいました。

生で見る田中一村の作品は凄い!

a0121352_23474643.jpg


その後、私とリーダーの島村さんが地元ラジオ局に。
a0121352_23505170.jpg


こちらの奄美FMでは、明日からのムサビのワークショップの紹介,旅するムサビや黒板ジャックについて約20分ほどゲスト出演させていただき話しをさせていただきましました。
a0121352_23542079.jpg


パーソナリティーの渡さんの軽妙な奄美弁で、リラックスできて、話したいことを引き出していただきました。
このFM局は奄美弁にこだわった放送をしているのだそうです。奄美大島を車で走ると、トンネルがいくつもあります。
かつては海岸線や船でしか他の地区への移動の手段がなく、そのために小さい島でありながら地区ごとに方言が存在していたそうです。現在は,テレビやメディアで地方の言葉が忘れられていく。「言葉は文化です。無くしてはならないのです」という話が印象的でした。

昔懐かしい昭和レトロの世界がそこにはありました。FM局は小さな駄菓子屋の片隅にあるのです。
a0121352_094392.jpg

a0121352_022690.jpg

a0121352_015963.jpg


このFM局は昔の市場の片隅にあります。かつての往来は今は昔、そのような古びた一角を若者たちがリノベーションして活用しています。古き良き時代と年配の方は言いますが、実際にその良さを感じて使いこなしていくのは若い人(動ける人たち)なんだなあ。教育にもこの課題が突きつけられている気がします。再生には創造性が必要なのです。
                                 (みさわ)
by tabimusa | 2015-07-11 00:02 | 旅ムサ2015 | Comments(0)


武蔵野美術大学の教職課程学生や現役の先生、中学校、小学校を巻き込んで展開しているプロジェクト


by tabimusa

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
はじめましての方へ
旅ムサ'09
旅ムサ'10
旅ムサ2011
旅ムサ2012
旅ムサ2014
旅ムサ2013
旅ムサ2015
旅ムサ2016
旅ムサ2017
ムサビる!09,Summer
ムサビる!10,summer
ムサビる!2011
ムサビる!Ⅱ2012
ムサビる!2013
ムサビる!2014
ムサビる!2015
ワークショップ
アートプロジェクト
黒板ジャック
長野スケッチ大会2011
長野スケッチ大会2012
長野スケッチ大会2013
長野スケッチ大会2014
長野スケッチ大会2016
美術教育フォーラム
教員採用試験
展覧会
その他
リンク

以前の記事

2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月

お気に入りブログ

美術と自然と教育と
街を美術館にしよう! ま...
Shunya.Asami...
KAPL―コシガヤアート...
ちょっと、お休みをしています。
図工美術OKAYAMA
むいむいまか
図工を知らない図工の先生
the fundamen...

リンク

最新のコメント

ありがとうございます。 ..
by 武井由紀子 at 07:49
大学の広報チームにお問い..
by tabimusa at 13:34
こんにちは!はじめまして..
by 武井由紀子 at 14:53
おはようございます。ピア..
by minami-saitama at 06:39
黒板ジャック、かっこいい..
by 浅倉浩 at 21:11
大学の広報入試センターに..
by tabimusa at 09:26
鈴木さん、ジャックに来て..
by 勝股 操 at 19:26
こちらに問い合わせてみて..
by tabimusa at 01:47
みどりいぬ様 ありがとう..
by tabimusa at 00:57
池邊様 有り難うございま..
by tabimusa at 00:54

最新のトラックバック

venuspoor.com
from venuspoor.com
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
旅ムサステイ in 奄美..
from 武蔵野美術大学 旅するムサビ..
旅ムサステイ in 奄美..
from 武蔵野美術大学 旅するムサビ..
旅ムサステイ in 奄美..
from 武蔵野美術大学 旅するムサビ..
旅ムサステイ in 奄美..
from 武蔵野美術大学 旅するムサビ..
旅ムサステイ in 奄美..
from 武蔵野美術大学 旅するムサビ..
旅ムサステイ in
from 武蔵野美術大学 旅するムサビ..
苫小牧市に美術館!子ども..
from 美術と自然と教育と

検索

タグ

(47)

ブログパーツ

最新の記事

2/18 杉並区立荻窪中学校
at 2017-02-19 22:38
2017/2/17東大和市立..
at 2017-02-19 20:40
昭島市立つつじが丘小学校アー..
at 2017-02-19 04:35
昭島市立つつじが丘小学校アー..
at 2017-02-19 04:21
2017/2/16 東大和第..
at 2017-02-17 00:51

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

教育・学校
アート・デザイン

画像一覧