八街(やちまた)ミュージアム

<三澤レポート>
去る11月4日、千葉の八街(やちまた)ミュージアムを見に行ってきました。この八街ミュージアムは中学校と小学校の美術作品を商店街に飾る小さなアートプロジェクトです。
八街市は千葉の成田に近い田舎町です。八街の特産と言えばピーナッツ。隣街の佐倉には佐倉市美術館や、国立歴史博物館、川村記念美術館などがあります。いつも東関東自動車道を使って川村記念美術館に行く際に通過していた街で、私自身初めての訪問でした。
駅前の商店街の28店舗に子どもたちの作品が飾ってありました。しかし、その作品を外から見ることはなかなか難しいのです。つまり、お店に入って見せてもらわないと作品が見られないのです。このことは大きな可能性と魅力を含んでいます。先ずは様子を見てもらいましょう。

a0121352_15412114.jpg

子どもたちの作品は外からは見ることができない。ちょうどおなかがすいていたので、入ってみました。ここの鴨南蛮はとてもおいしかった!



a0121352_4113100.jpg

お店の中から入り口付近を写す。鴨南蛮越しに。

a0121352_15423538.jpg

お店の中程、座敷の上がり端にちょこんと作品が飾ってありました。店主が気を利かせ、獅子柚(ユズ)を後ろに飾って、そのおかげで作品があることに気づきました。


a0121352_15454789.jpg

この床屋さんも入るのにちょっと勇気がいりました。が、入ったらそこのおばちゃんと話が盛り上がり、一番長くいたかもしれません。作品を介して子どもたちのと関係ができていくことはいいことだと話してくれました。お互い挨拶をしやすくなったとのこと。


a0121352_15492488.jpg

一番最初に入った眼鏡屋さん。作品の下に眼鏡クロスを敷いて作品を大切に飾ってくれていました。
a0121352_15514486.jpg


a0121352_168629.jpg

靴屋さんのショウウインドウに。しかし作品の正面はお店の中から見るように飾られている。

a0121352_1683399.jpg

カメラや屋さんのショウケースに飾られた作品。

a0121352_16115465.jpg

八街駅前商店街。落書きされて困っていた商店街が中学校の美術部生徒にシャッターの絵を描いてもらったことが交流のきっかけに。

a0121352_106195.jpg
a0121352_1063964.jpg

化粧品店の作品展示。作品が妙にかっこいい。多分学校だとこのように見えないはず。それは、お店にある商品は全て工業製品で、作品のような手作り感が感じられる物がないからでしょうか。

a0121352_10111082.jpg

各お店の店主さんと必ず会話をしてきました。少ないところは3分ぐらい。多いところで15分もいたかな?この作品では対話型鑑賞をお店の方と行ってきました。
「奥さん、飾ってある作品おなかでどれがいちばんお気に入りですか?」
「左のうつわですね」
「どうして?」
「子どもの頃、型抜きした焼き菓子に、白い砂糖がコーティングされたお菓子があったんですが、それがとても好きでね、この器の周りについ手いる飾りを見ると、それを思い出して」
「へ〜そうなんですか」
「私は右の白い花瓶が好きですね。色がとても綺麗だと思うんです」
「私も、その作品もすきですよ。子どもの作品は普段見ることがないので、たまに、こう、飾ってもらうと良いですね」

a0121352_21163898.jpg

洋品店の展示。どこに作品があるかわかりますか?
この洋品店は入り口から作品までの道のりが長く、商品の間を抜けてくねくねと奥に入っていった所に展示してありました。

a0121352_21221889.jpg
a0121352_21225670.jpg

ご主人は「小学生のお子さんにはちょっと高い場所なんだけど、でも壊されちゃ困るんで、レジの近くにしたんですよ。せっかくの展示だから、題名と作者の名前は見えるようにしたんだけどね」と。
子どもたちへの優しいまなざしを感じました。地域ぐるみと言うことはこのようなことなんでしょうね。
a0121352_21231574.jpg
スタンプラリーの用紙にスタンプを押してくれる奥さん。


a0121352_21314522.jpg

このお店も洋品店です。作品は商品展示のワゴンに乗られ飾ってありました。写真の右に写っているのは何だかわかりますか。普通あり得ない作品と下着との組み合わせが、妙におもしろい。


八街ミュージアムは、普通の人たちの普通の空間に子どもたちの作品を展示した、ごく自然な肩の力を抜いたプロジェクトです。もともとは総合的な地域学習との関連から考えられた企画だったようです。(展示を見たその足で、中学校訪問して美術の先生に話を聞いてきました。S先生、突然すみませんでした)
a0121352_22585991.jpg

スタンプラリーのマップ。裏にスタンプが押せるようになっている。


このプロジェクトを鑑賞活動という視点で見てみると、会場を貸しているお店の方と、それを見に来る子どもたちや親御さん、他お客さん。その人たちの間で作品についての会話があり、その会話を通してお店の方々も鑑賞の能力が育っているように感じました。地域が学びの場であるという仕掛けは、子どもたちのためだけではなく、大人も同時に教育されていく訳です。そして学んだ大人が子どもと会話するときに、今度は学びを子どもに還元していく。つまり、学び合いが相互に成立しているわけです。
アートプロジェクトは、主催者や、協力者などの様々な思惑を同梱し展開されて行きます。たとえば地域振興など。でもそのように、微妙にベクトルが違う人たちが協働しながら、実は共に学び合いをしているところがアートプロジェクトのおもしろいところなんでしょう。

鑑賞の仕掛けをしたたかに組み込んでいく。多分、そこがこのプロジェクトの次の課題になってくことでしょう。

<みさわ>
by tabimusa | 2009-11-20 15:51 | その他 | Comments(4)
Commented by hakusuke at 2009-11-23 23:48
興味深いエントリーありがとうございます。勤務地では毎年2月に、商工会の方たちの企画で、「絵の町めぐり」といった企画に取り組んでいます。基本的に、学校作品を貸し出すだけで、展示にはノータッチです。
先日、商工会担当の方と簡単な打ち合わせをしました。越谷の例も紹介しました。雰囲気が、町の企画内容に似ています。この記事を商工会の方たちに、お伝えしてもよろしいでしょうか?
Commented by tabimusa at 2009-11-25 02:20
hakusukeさんどんどん紹介して下さい。ここで、図工美術の大切さを印象づけてもらえれば、ピンチの時に応援してもらえるはず。
 指導要領解説の一番最後に、「平素の学校生活における鑑賞の環境作り」が示されていますが、校内とどまらず、発展的解釈をすると学校生活という枠を越えて街の中の鑑賞の場づくりに関われるわけです。さらに、改善の基本方針の最初に「生活の中の造形や美術の働き、美術文化に関心を持って、生涯にわたり主体的に関わっていく態度を育むこと』という文言がありますが、即ち、美術を通して、積極的に文化づくりに関わってく態度を育成することが求められているわけです。今回の指導要領では、その背景に国際的な能力観である、OECDのPISA調査の基本的枠組みである「キーコンピテンシー(主要能力)」があり、そこでも「社会と自己との関わり方」について重要な能力として「生きる力」と同じであると示されています。(08.01.17答申)
Commented by tabimusa at 2009-11-25 02:31
今まで、美術教育がものを作ることに偏重され過ぎていた訳ですが、これからの美術教育は文化を創り出す教科である事をもっと打ち出していかなければ、国民に対して美術教科の必要性は訴えられません。今日では、国際社会の中でますます自国の文化が必要とされてきています。このような世界と日本との関係は、日本の中で、地方文化を如何に創成していくかと同質の課題ととらえることも出来ます。グローバリズムとローカリズム。この相対的な関係は相互に輝きを持たなければ豊かな世界は生まれません。なんか大きな話になってしまいましたが、要するに、自分たちの文化(生き方)に自信を持って生きましょうということなのです。
 子どもは、未来の象徴です。夢とか可能性を秘めた存在です。その子供の作る作品を、街中に飾るということは、まさに地域ぐるみで地域の未来を作り出していく行為であると考えられるのです。(みさわ)
Commented by くろき@秋田 at 2009-11-25 19:55 x
別のトピックスに私が載っているにもかかわらず先にこちらへ。
コトが町内界隈から世界のことに一気に広がっていく爽快感に包まれています。
つまり、、、文化は過去のもの、決まった何かをなぞるようなものではなく(受け入れ従うようなものでもなく)今生きる者が作りだしていく“生きた”ものだということでしょうか。
そうですよね。うんうん(自己解決)  
なんかモヤが晴れてきました。軸づくりというか、この考え方をしっかり持たないと真芯をはずした打球になってしまいますね。ありがとうございます。頭の中整理整頓していきます。  hakusukeさんお邪魔してしまいました。ご容赦ご容赦。


武蔵野美術大学の教職課程学生や現役の先生、中学校、小学校を巻き込んで展開しているプロジェクト


by 旅するムサビプロジェクト

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
はじめましての方へ
旅ムサ'09
旅ムサ'10
旅ムサ2011
旅ムサ2012
旅ムサ2014
旅ムサ2013
旅ムサ2015
旅ムサ2016
旅ムサ2017
ムサビる!09,Summer
ムサビる!10,summer
ムサビる!2011
ムサビる!Ⅱ2012
ムサビる!2013
ムサビる!2014
ムサビる!2015
ワークショップ
アートプロジェクト
黒板ジャック
長野スケッチ大会2011
長野スケッチ大会2012
長野スケッチ大会2013
長野スケッチ大会2014
長野スケッチ大会2016
長野スケッチ大会2017
美術教育フォーラム
教員採用試験
旅ムサステイ
展覧会
その他
リンク

以前の記事

2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月

フォロー中のブログ

美術と自然と教育と
街を美術館にしよう! ま...
Shunya.Asami...
KAPL―コシガヤアート...
ちょっと、お休みをしています。
図工美術OKAYAMA
むいむいまか
図工を知らない図工の先生
the fundamen...

リンク

最新のコメント

未至磨先生ありがとうござ..
by tabimusa at 23:35
おはようございます。ピア..
by minami-saitama at 06:39
黒板ジャック、かっこいい..
by 浅倉浩 at 21:11
大学の広報入試センターに..
by tabimusa at 09:26
鈴木さん、ジャックに来て..
by 勝股 操 at 19:26
こちらに問い合わせてみて..
by tabimusa at 01:47
みどりいぬ様 ありがとう..
by tabimusa at 00:57
池邊様 有り難うございま..
by tabimusa at 00:54
コメントありがとうござい..
by tabimusa at 23:19
I think othe..
by Elliott at 08:45

最新のトラックバック

venuspoor.com
from venuspoor.com
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
旅ムサステイ in 奄美..
from 武蔵野美術大学 旅するムサビ..
旅ムサステイ in 奄美..
from 武蔵野美術大学 旅するムサビ..
旅ムサステイ in 奄美..
from 武蔵野美術大学 旅するムサビ..
旅ムサステイ in 奄美..
from 武蔵野美術大学 旅するムサビ..
旅ムサステイ in 奄美..
from 武蔵野美術大学 旅するムサビ..
旅ムサステイ in
from 武蔵野美術大学 旅するムサビ..
苫小牧市に美術館!子ども..
from 美術と自然と教育と

検索

タグ

(47)

ブログパーツ

最新の記事

10/9-10/28 生きる..
at 2017-12-08 23:45
10/9-10/28 生きる..
at 2017-11-22 20:58
10/31-11/1 奄美の..
at 2017-11-05 19:32
10/30-31奄美 住用中..
at 2017-11-05 18:25
旅するムサビプロジェクト展
at 2017-11-02 22:38

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

教育・学校
アート・デザイン

画像一覧